RSS|archives|admin

曲の分析

2019.04.14 Sun
苦手な曲の分析


でもDTMやってるような本気の人って
結構みんなちゃんと分析やってる

ということで
私もひとまず100曲を目標に分析をすることにした



私が苦手なのは
単純に早い曲

とにかく聴き取れない

耳が悪い


これをいうと先生にいつも怒られるけど
本当なんです

全然聞こえない
存在すら聞こえないときがある

今日は懐かしの曲

AKB48の前人未踏という曲を分析しました






この曲は特に人気というわけでもなかったのかもしれないけど

大好きな曲でした

それこそあっちゃんが全盛期で
私もどハマりしていたときの劇場曲です


改めて聴いてみると
やはり秋元さんは天才だと
思いました

評価はおこがましいけど
でも、いい曲なんです

情熱
迷い
踏み入れたことのない世界

この感情をまあ、ここまで見事に表したものだと


すごいです


アレンジはラテンチックで
裏打ちも多くなっています

劇場でも見たことあるけど
本当に良かった


懐かしい目撃者公演










Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
Category:音楽雑談 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

今日の1曲 King Gnu 〜白日〜

2019.04.08 Mon





出だしの美しい声
女性かと思いました


綺麗なハイトーンですね


これはハマりそうな予感


King Gnuhttp://kinggnu.jp



白日



Theme:男性アーティスト | Genre:音楽 |
Category:アーティスト・おすすめソング | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

今日の1曲 Aimer 〜カタオモイ〜

2019.04.06 Sat
先日、友達が遊びにきて
歌ってくれた歌


Aimerさんの 〜カタオモイ〜という曲





めちゃくちゃいい曲やんけ


ちなみに友達ボイスは超可愛くで
それもそれで良かったのだけど
ご本人はハスキーなんですね!


なんて素敵な曲なんでしょう

歌いたくなる感じ

練習しよ〜〜〜〜っと


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Aimer/BEST SELECTION “blanc”(初回生産限定盤B)(DVD付)
価格:3095円(税込、送料無料) (2019/4/6時点)





Theme:女性アーティスト | Genre:音楽 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

コンプレッサーの掛けどりをする

2019.03.30 Sat
これはとても便利です

特にボイスは安定しにくいんですが
コンプをかけながら録音すれば安定しやすいのと
録ってからコンプをかけるよりも
CPUへの負担が少なくて済みます。


Sleepfreaksさんの講座がとてもわかりやすい!
https://sleepfreaks-dtm.com/dtm-mix-technique/hw-comp/


動画




オーディオインターフェイスのApolloを購入したのですが

IMG_5945.jpg


その時に付属しているソフトが名機ばかりとのことで
期待して 1176SE/LN をかけどり!


最初設定が難しくて悩みますが
いろいろ調べてやってみたりして


結果は、声がふくよかになりました。
(もっと研究の余地はありそうなのですが)

CPUが許すなら全ての楽器にかけたいくらいですが
厳しいので選択してかけています。


英語の動画ですが、見てるとなんとなく分かりそうな動画です〜









Universal Audio Apollo Twin MkII/QUAD【国内正規品】

Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

作曲に理論は必要か

2019.03.28 Thu
この前、音楽の専門家にコード理論を習う機会がありました。

まあ、私ったらなにも知らずによく音楽を語れたものだと
自分で思いました。


その人にも


「よく曲作れたね」


と言われましたが、本当にそれくらいなにも知らなかった。

で曲が作れるかと言われると


作れます


ただ、なにを目標にしているかということ
そして、できるのには条件があると思います。


極端な話、本当に趣味の範囲ならなにも考えなくても良いし。
でも、それで稼ぎたいならまた話は違うかもしれない。

条件に関しては、プロの人たちから見て

「この人、感覚的でできてしまう」

と思わせる条件なんですけど
本当に感覚的にやっているわけではないと思います。

私の場合、理論はなにも知らずに作って来たけど
それなりに作れるのは

まず人の曲のコードの成り立ちを結構見ています。
それは理論的に言えば

・倍音
・トニックコード、ドミナントコード、サブドミナント
・解決感

とかそういうので説明して行くんだと思います。
代理和音とかもそうですね。

例えば
強い「解決感」が欲しい!と思った時に
「ドミナントコード」から「トニックコード」に戻ると良い。

ということを音楽に詳しい人が説明したとして
それを私が聞いたら、何をいってるかさっぱりわからない!

でも


自分で曲を作る時、
「ここはもう終わる感じにしたい」
と思ったら、感覚的に

C→G7→C

という、ドミナントコードからドミナントのくだりを使っているわけで。

つまり説明はできないけど
技は使っている。


これをやるためには、とにかくいろいろな音楽を聴き、コードを知ること
ギターでもピアノでもコードを覚えることが必要です。

『成り立ちは知らないけど、Cのコードはこう押さえる』

ということをまあ、暗記するということですね。



でも、今になって思うのは
この方法でも、作曲は可能ですが
効率は悪いのかもしれない。

これも人によりますのでなんとも言えないけど
方法としては
コードは覚えずに理論を覚えて理論的に作ることもできるわけで

私のように感覚で入っちゃうと、気づきが遅いのかもしれません。
でも、良いところとしては、感覚が研ぎ澄まされる。

なんでもそうだけど理論から入ると面白みがなくなるもの確かで
だからこそ、プロだって鼻歌で作曲したりするんだと思います。


正解はない。

好きなようにマスターすれば良い。

理論は知らなくても作曲はできる!

ましてや作曲をやりたいような人は
音楽好きで感覚も鋭いでしょうから
割と理論抜きで作れるんです!






Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |