RSS|archives|admin

もうすぐ秋 秋の歌

2018.09.03 Mon
もうすぐ秋ですね

一番好きな季節です

去年の秋に作った曲






ピアノと歌だけという
私にとっては冒険な曲で
なぜなら

私はピアノが弾けないからです!(笑


ピアノ弾けいない人でDTMやってる方ならわかってくれるかと思いますが
何かがバレそうでこの手の曲ってなかなか作れない(笑

でも、今は多少自信があるのと
大好きなブライアン・マックナイトさんに感化され
愚かにもチャレンジしました

細かくは色々気になるところはあるのですが
自分ではなかなか好きな曲です

自画自賛!!!
特に気に入っているのは
Bメロ!
是非聴いてください



歌詞です↓

僕の心が待っていた
キミの笑顔を見た時 分かった
浴びたことのない光 とても暖かった

i love you, i need you
i want you, i love you
i love you, i love you

もしも愛したなら
きっと傷つくかもしれないけど
それでも キミと生きてみたいと思う
静かに揺れたのは
秋の香りとともに染まった
木々の中でキミと
この空を仰ぐ



たった一瞬のキミに
触れた時間だけを繰り返し
囚われ過ぎな自分に 少し笑ってる

i love you,i need you
i want you i love you
i love you , i love you

もしもキミの笑顔
僕の力で守れたなら
どれだけ幸せか
想像もできないよ
孤独に泣かないで
ずっとずっとそばにいるから
秋の空を仰ぎ
そっと手を握って

Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:猫田オリジナルソング | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

曲作りの方法 〜メロディはどうやって作っているのか〜

2018.07.12 Thu
よくTVとかでどうやって曲を作るかの話を
アーティストさんがやっているのをみるのが好きです

その方法は色々ありますよね

私は
鼻歌
・ピアノ
・ギター

どれかで作ります

どれかだけということはありません
鼻歌のいいところは、ふと浮かぶインスピレーションを反映しやすい

ピアノ、ギターのいいところは、弾きなからつ作っていると
その曲の雰囲気を決めやすい

また、私の場合
ピアノで弾いていると
自分のパターンを良い意味で抜け出せたりします

どうしても自分のカラーって固定されがちですもんね

それは良いことでもあり
自分的に飽き飽きする点でもあります


でも数的にいうと
やはり鼻歌が多いのかな

昔々に撮ったテープカセット時代の分もいてあり
今聞いてびてびっくりすることもあります

宝探しのように

自分も変化して行くのだと実感する時ですね

テープカセット再生機器を探すのに
一苦労しましたけどね(笑





PC不要!日本語取扱説明書付き カセットテープ USB変換プレーヤー カセットテープデジタル化 MP3コンバーター カセットテープのプレーヤーとしても使えます。MP3の曲を自動分割!USBフラッシュメモリ保存!オートリバース機能!


Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:猫田オリジナルソング | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

オリジナル曲 〜ちっぽけなプライド〜

2018.07.09 Mon



別れの一コマを描いた曲です

話は少しそれますが
曲作りで、割と苦悩するのが作詞で
発想が乏しいというか
得意ではないというか

でもそんな私でも曲にしようと思う一コマが
浮かぶこともあるんですよね

作詞をする時に
ほんの一コマが頭をぐるぐるしてる時は
割とスラスラ書けます

また違う曲ですが
元彼と横断歩道ですれ違うほんの一瞬を描いた曲もあります

ちなみにフィクションです(笑


不思議なものですね

・・・・この曲はフィクションだけど
よく聞くとこんな経験をしたような・・・・笑







Theme:DTM | Genre:音楽 |
Category:猫田オリジナルソング | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

オリジナルソング 〜雨のリズム〜

2018.07.08 Sun



最近すっかり雨が多いですね

うん、もう土砂降りですが

この曲のイメージは

付き合っていない2人の相合傘です



リズムは淡々と
淡く、でも重くない
どこか楽しげで
でも片思い

という感じの曲です

Category:猫田オリジナルソング | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |