音楽はロマン

音楽作りは私の楽しみの一つですが

数ある「やりたいこと」の中でなぜこの趣味だけが残ったのか
それは

ロマン


私の現実生活においてロマンは本当に邪魔です

いちいち
ロマンチックなことを期待してしまうし

想像はいつもロマンチックだし

なんなら今の職業をやると決めたのは
実はとある”ロマン”があったからで

誰かが聞いたら笑っちゃうようなロマンです

そしてこのロマンはそれだけなら害はないけど
そのロマン通りにならなかったときの落胆が割と強くて
本当にがっかりします


「あ〜現実の世界にはそんなドラマみたいなことはないのね」

なんて当たり前のことを改めて感じて

がっかりする


これの繰り返しです

だからと言ってロマンチックはやめられない

厄介です


性格的に現実的な人から見たら
何いってんだよ
って話ですよ


でももうそういう思考だからしょうがない

だから恋愛でも色々悩みました

本当に死ぬほど悩みました


でも、そのロマンを曲にすることで
私はスッキリできました

でも誰かの曲を聴いていても
ロマン以外の何物でもないですよね(笑

でないと曲なんて作れないよ
言葉にして言ってみれば恥ずかしい内容ばかりですよ

なので音楽を作る人は絶対
ロマンチックなはずなんです!!!


私みたいに音楽を仕事にできなくても
たまには良いこともありますよ

いつも浮世離れした思考を持っていられるので
深刻ようで実は楽観的なんです

極度のプラス思考です


それもロマンチックのおかげ

でないと、私はとっくにもっと病んでいたと思います


音楽ありがとう!!!





コメント

非公開コメント