RSS|archives|admin

音楽の習い事をどう選ぶか

2019.07.24 Wed
音楽の習い事、やりたいのはたくさんあります。
もともと習いごとが苦手な私ですが、音楽だけはたくさんある。


・ボイトレ
・ピアノ
・ギター、ベース
・編曲
・ミックス
作曲


などなど

バンドとかも組んでみたいです。

で、この中から勇気を持って選んだのは
作曲だったのですが、最近約4年やってやめました。

なんか習い事やめるのってすごく勇気がいりました。

先生も個人的には尊敬していたし、言い出しにくかった。

でも、どうも何かがしっくり来ないわけです。


よく、バンドが解散するときに

「音楽性が合わなくて」

とか言うじゃないですか。


なんだ、そりゃ

とか思ってたけど
ここにきてそれがわかってしまったような気がして。

生意気ですけどまずそこでした。

作曲家って結構何でも作れないといけない感あるみたいで
そらそうだよね、それがプロだもの。

私も習い始めた頃はそう思ってて、
でも、、、

どうしても好きになれない類の曲と向き合わないといけなくなったとき
全然作業が進まなくなって
しまいには、音楽が本当に嫌いになりそうになって

どの曲も聴くのも嫌になってしまって
なんかうるさく感じて・・・・


あ〜これは合わないんだなと思ってしまいました。

だからやめました。

自分の好きな感じの曲をやっぱり作りたいし
その中でアレンジとかを習いたいと思いました。

って言うか一旦音楽と距離を置きたくなりました。


何だろう、分かるんです。
音楽界の厳しい感じも。

でもね、教えてお金が発生する限り
教える人は最大限に相手に伝わるように努力をするべきで
それが 「指導」 だと思うんですよね。

いや、文句を言ってるわけではありません。
合わなかったんですね。

でも、その指導法でしっかり結果を残している人もいるので
絶対にその方法は正しいのかもしれません。

ただ、私は甘いのかなんなのか
もう、自分のダメなところに向き合い続けるのが苦しくなってしまったと言うか。

そんな時は逃げればいい。

自分が全部悪いわけじゃないんです。

同じ内容が書いてても
違った本を手に取ったら一気にわかったみたいなことってあるじゃないですか?


だから、違った先生についてみようと思います。

Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:音楽雑談 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

Billboard Live東京

2019.04.30 Tue
大好きすぎる世界標準高級ライブ会場

といった感でしょうか



残念ながら私は会員ではないけど
いつかは会員になりたい!

Billboard Live東京の座席はサイト参照!

http://www.billboard-live.com/club/t_index.html



チケット代って
近い=高い
というイメージが私にはあるのですが

その価値観をガラッと変える

ゆったり=高い


という感じでしょうか

近さは高さではないので
そもそも
どこにいたって近いんです!(笑



贅沢なんですよ

ご飯食べながら酒飲みながらライブを見るなんて
それも一流の人のライブです


いや〜

願わくばStevie Wonderとか来て欲しいです



今のところ

Brian mcknightさんのライブはいったのですけど
最高でした





あと行きたいアーティストは何人かいるのですが

JOEさんとか








どういった位置付けの人がここでライブを行うのかはよくわかりませんが
若い人とというよりは、中年層で
高級なイメージの人でしょうか

ん〜値段は高いけどね

それでも年に1回程度ならその価値はあります







Theme:音楽のある生活 | Genre:音楽 |
Category:音楽雑談 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

ひばりさんのお墓へ

2019.04.20 Sat
密かに気になっていた場所



美空ひばりさんのお墓



なぜかって
父のお墓と一緒の墓地だと知り
歌姫の元へ行きたくなりました


ひばりさんのお墓は
YOUTUBEでも紹介されていて有名みたいです






この動画を参考に行ってみた


父のお墓まいりに何度も訪れているのでもう慣れたものです
ただ、ここまで奥に行ったことがなかったので
歩くのは少し心配でしたが春うららかに
全く問題なかったです


流石にお墓は写せなかったので
道中


美空ひばりさんのお墓



少し侮っていました

行ってはみたかったけど
まあ、お墓だし

とか思ってた


でも、たどり着いてみたら

結構鳥肌立ちました


流石、他のお墓と違い
綺麗にされていて

入れないようになっていて

お花もたくさん飾られていました


特別に彼女の大ファンというわけでもなかったけど

それはそれは、もうそんな領域じゃないってことで
神レベルなわけですよ


最高です


私が1番好きな美空ソングは

愛燦燦







大好きな1曲です






Theme:女性アーティスト | Genre:音楽 |
Category:音楽雑談 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

曲の分析

2019.04.14 Sun
苦手な曲の分析


でもDTMやってるような本気の人って
結構みんなちゃんと分析やってる

ということで
私もひとまず100曲を目標に分析をすることにした



私が苦手なのは
単純に早い曲

とにかく聴き取れない

耳が悪い


これをいうと先生にいつも怒られるけど
本当なんです

全然聞こえない
存在すら聞こえないときがある

今日は懐かしの曲

AKB48の前人未踏という曲を分析しました






この曲は特に人気というわけでもなかったのかもしれないけど

大好きな曲でした

それこそあっちゃんが全盛期で
私もどハマりしていたときの劇場曲です


改めて聴いてみると
やはり秋元さんは天才だと
思いました

評価はおこがましいけど
でも、いい曲なんです

情熱
迷い
踏み入れたことのない世界

この感情をまあ、ここまで見事に表したものだと


すごいです


アレンジはラテンチックで
裏打ちも多くなっています

劇場でも見たことあるけど
本当に良かった


懐かしい目撃者公演










Theme:おすすめ音楽♪ | Genre:音楽 |
Category:音楽雑談 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

ビルボードライブ東京の予約方法

2019.03.23 Sat
ビルボード東京のチケットの取り方がトリッキーです(笑

私はチケットを買うとき、結構な頻度でeチケットを利用しますが
いつものようにチケットを取って、安心して放置していたら
当日、


んん???


という事態になってしまったのが
去年。

現地について入れてもらおうと思ったら
お姉さんに
「お電話はされましたか?」
と優しく聞かれ

「電話しなきゃ行けないんですか?」

と超初心者な質問をかましてしまったのですよ。


ビルボードのチケットの予約方法
HP http://www.billboard-live.com/reservation/


に書いていますが


3つの方法がありまして

・ライブを調べて電話で予約
・ライブを調べてWebで予約
・その他のチケットサービス(ピアとかeチケットとか)を介して予約

だそうです。
で、どれを使うかは各人の都合によりますが
私は、eチケットで好きなアーティスト通知が来ますので
まず、席の確保ということでeチケットを利用しちゃいますが
よく考えれば、アーティスト情報が入ってから、直接予約でもいいのかもしれません。

今度は手段変えてみようかな。

とにかく、他のチケットサービスを介した場合
さらに電話をして整理券をもらう必要があります。

ただ、これは席にこだわりがないなら
しなくていいかも。
開場から30分間は入れませんけどね!(笑

前回は私は電話していなかったので
開演から30分後に入場でした。

ちなみにそんなことしているのは私だけで
皆、先に入っていきました(泣

結果として私は一人だったので、最後に入ったけど
ものすごくよい席に座ることができたのですが
本来整理券を発行していれば、ドキドキせずに済んだのですよ。

なので今回はちゃんと電話をしました(笑


ファミマで発券後、

03−3405−1133


に電話!

ただですね、電話中電話中電話中

みたいな状態が続く訳です。

だって考えてみれば窓口はこの電話番号だけだからね。
他のアーティストの予約もやってるわけでしょ?

そら混むわ。


数回かけ続けやっと繋がった後は

「ライブのチケットの入場整理番号を予約したいんですけど」
と伝え、あとは
優しいお姉さんに誘われて整理番号をゲット。。

前に利用したことがある場合
電話番号を伝えれば色々と手早い。
利用したことなくても、多分電話番号と名前言えば大丈夫。

そして、聞かれたことに答え
整理番号を教えてもらい
集合時間に遅れないようにと念を押され
電話終了〜

電話が繋がらないこと以外はスムーズでした〜


楽しみです。


観に行くのは去年に引き続きこの方です。




Category:音楽雑談 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |