RSS|archives|admin

DAWソフトについて MacならLogicで不足なし

2021.07.05 Mon
これまで色々渡り歩いてきたけど

今、2021年

最高だなあ〜って思うのは
Logicですね。

一時進められて、Cubase使いましたが
今ひとつなんだか慣れきらなく

思ったことは結局
音は音源を買い足したくなるし
買い足したら、その音源次第だし
プラグインエフェクトも付属のものは大差ないな、と思いました。

logicの中にも
良く見ていくとシンプルに素敵なエフェクトがたくさんあるし
私の場合、インターフェイスにアポロを導入したので
かなりお得に色々ソフトエフェクトが手に入り
もはやDAWがなんであろうと
PCの性能とソフトの性能次第なんじゃないかって思います。

それに楽器を弾ける方はなおさら。

楽器弾けるの最強ですから。
それ次第でなんだってできる。

今から、導入をお考えの方で
Macユーザーの方は
ぜひlogic、おすすめです。






Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

目標はアルバム完成!

2021.05.27 Thu
今、ここ最近の自分の曲をミックスし直しています。

アレンジもさることながら
ミックスって本当難しい。

音量が一番大事だと思うのけど
ずっと聴いているとその音量でいいのかわからなくなる。

で、前に購入した大鶴さんの書籍




DAWミックス、マスタリング
基礎大全

を読んでみて。

大鶴さんが講師をしているオンラインスクールに
実はわたしも参加したことがあるのですが
(大鶴先生ではなかったけど)
親近感が何となくありつつも
ミックスは習っていないので、目新しいこともたくさん。

わたし、ずっと思っていました。
何を基準に音量って決めればいいのか。
正解がないと言われるとますます分からず・・・・。

でもね、学習って最初はモノマネから入るもんだと思うから
誰かそんな本出してくれや、とか思っていました。
で、大鶴さんの本はそんなわたしの希望をまずは叶えてくれる本でした。

何が一番いいかって
サンプルのパラ音源をダウンロードして自分なりにミックスしてみて
そのあとに大鶴さんの解説を見つつ、ミックスを真似してみる。
すると自分のミックス・・・

くそでした



っていうか、大まかにいうとやっぱり分かってなかったんですよね。
他の書籍もめちゃくちゃ読んで
理屈はある程度分かっても、良いミックスバランスのものをリアルタイムに体感してないから
分かってないんですよ。
しょうがないんだけど。

わたしの場合、多分聞く時のくせなのかな
思ったよりドラムが小さくなりがち。
他の楽器もそうで、どうしても出来上がった時に声がですぎて周りはぼんやりする。

大鶴さんの本に加えてもう1つ読んでいるのが



江夏さんという方が書かれている
DAWではじめるマスタリング

タイトルのまま。
自宅でのマスタリングを前提にミックスの音量バランスから解説してくれている。
大鶴さんの本と同様にパラのサンプリングデータのダウンロードもできます。
ので、練習もできる。

やはり、方法の違いってあります。
大鶴さんと江夏さんの間でも。

それ自体も勉強にはなるんだけど
とにかく、アレンジにしてもミックスにしても

音量小さすぎる
もっと大胆にコンプかけてもいい
まずは音量とパンをしっかりと決めてミックスし、そこからEQ、コンプへと進む

ってことは私にとってかなり、有益だったかも。
何となくバラバラでやってたり
コンプもあまりかけるな派が多かったのでちょっと薄くかけてたけど
自分のこれまでよりも大胆にかけると
ズンと音質が変わりました。
あとはマスタリングをするための全体の音量はどれくらいが良いのか
とかそう言ったところです。

なので、自分がここ1年くらいで作ってきた曲
アレンジミックスし直して、完成させることが当面の目標。

Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

和田さんのユーチューブ 最高!わたしのDTMとマック

2021.05.05 Wed



いや、最高だな。
かなり勉強になります。
丁寧に優しく嫌味のないプロフェッショナルな人って
本当に素敵ですね。

MacBook Airが壊れそうなので
いっそ全てを1つのPCで済ますべく
検討していたけど・・・・
ちょっと迷っている。

M1チップかなりのスペックですけどね。
ただ、入力端子の問題とか考えると
どうかな〜〜〜
って気になってきた。

今の計画は
まずノートはノートで事務用だけと考えて
安く手に入れる。

DTMマシンのminiはギリギリまで使って
壊れたらM1系のMiniを買い直す。

今のところ予算とかスペックとか考えるとこんな感じかなあ。

Mac mini M1チップであれば
メモリは16GBに増設して
容量は500GBかなあ。






Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

ヒャダインさん!!!!

2021.05.01 Sat


長らくやる気全然なかったけど
この動画見てまたやる気になったわ〜


いやまじ天才だねこの人。

こんな早くこんな素敵なフレーズできませんから普通。

以前、情熱大陸でヒャダインさん見たのですが
その時と自宅が変わっていて
素敵にかっこいい部屋になっていますね。
防音いいなあ。憧れる。




Theme:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 | Genre:音楽 |
Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

電子ピアノ 61鍵盤きたー

2021.03.16 Tue


最高です。ついに届きました。
新しい電子ピアノ。

今回は61鍵盤のコンパクトなもの。





こいつです。
今回の購入条件は

・コンパクトである
・DAWに入力できること(そのとき充電も同時にできること)
・でも本体だけでも音が出せること
・鍵盤の重みがピアノに近いこと

ってことでした。
DAWへの入力ができないとわたし。には全く意味がないので
とても重要だったんですけど
レビューを見ても全然誰も教えてくれず
ようやく、確実に入力できるものを見つけました。

コンパクトさはピカイチ。
値段もお手頃。

鍵盤の重さもキーボードほど軽くもない。
うん、なかなかいいですよ。

デメリットも一応。
音量やその他の調節は全てボタン式なので
めんどくさい。

今までのピアノだったら音量はつまみだったので
すぐ調節できたのですが
小さくしようと思うとボタンを押していかないといけない。

音質も変化できますけど
これも順番に押していかないといけないし
コンパクトさの代償なのでしょうか
パネルがないので今の状態がどの音質なのか
目では確かめられません。

あとはおまけがたくさんついてくるのですが
カバーが若干セクシーですね(笑
部屋のインテリアに合わないかもって方も多いかもしれません!

個人的にはサスティンペダルの効きが少し分かりにくいかな・・・?

でもこのコンパクトさは本当に最高です。

Category:DTM・宅録 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |