Logicが好き 〜MIDI設定〜

LogicとCubaseでどうしてもLogicを使ってしまうその訳の一つに

とにかく音源設定が簡単

ということが挙げられます


例えばCubaseであれば
ソフトシンセ設定が割とめんどくさいのですが

Logicの場合
チェネル数だけ設定して
(これも後でも追加できる)
チャンネル番号のこととか気にせずに
感覚的にソフトシンセを割り当てることができます

全体的にシンプルなんですよね
操作が

なのでどうしても使っちゃいますね〜

mac使いの人には本当にオススメしたい!!!





Logicが好き 〜 コンプレッサー 〜

音の存在感を出すのに欠かせないコンプレッサー

音を圧縮するのですが

これの掛け方で楽器の存在感が随分変わりますので
とても重要なエフェクトですよね


Logicびいきの理由の一つとして
このコンプが豊富だという点があります

なんと7種類も!
と言ってもどれを使えばいいのか悩みますよね

Mitchie Mさんのブログでわかりやすく説明されています!
http://mitchie-m.com/blog/daw/logic-pro/compressor-use/


実は恥ずかしながら長年音楽を作っていて
コンプの本当の意味を分かったのは最近なのです(´・_・`)

何となくMIXに納得ができてなかったのは
コンプの掛け方のせいだったと思います
ちゃんとした原理を分かっていないと
誰かのセッティングだけを参考にしててもダメなんですよね


それを教えてくれた本

Logicが好き 〜Flex Pitchで ピッチ調整〜

Cuabse8とLogicⅹ
を使っているのですが・・・・

正直どちらかに絞りたいけど
両者いいところがあってなかなかなんですよね・・・・

ただ、総合的には Logicが好きです

Macのソフトなのでwindowsの人は使えないのが残念ですが

良いところはいくつかあります
・音源が魅力的
・チャンネル設定がしやすい
・MIDIのリピート機能
・オーディオ編集が良い(特にピッチの編集)
・エフェクトが良い
・オーディオ録音しやすい

割と多いですね

Cubaseの良いところはまた今度ということで
今日はLogic Day!



今日は
オーディオ編集が良い!というお話


録音し終わった声の画面です
logic オーディオピッチ編集



下の段にあるのがピッチ修正の画面で
安定しない私の歌を修正するのによくお世話になっていますが
とにかくこれが本当に良い!


ある部分をUPしますね

名称未設定


四角を選択すると
4つの点が現れますが
ピッチ(イン・ミドル・エンド)
入りのタイミング
伸ばしの長さ
ビブラート
などが調整できるんです!

もちろんやりすぎると変になりますし
基本は歌が安定していないと話になりませんが
ちょっとした修正にはすごく良くて
Cubaseよりもいいですね
Cubaseにも付属していますけどね
これに関してはLogicの勝利な気がします






本当は最新のlogic欲しいけどね
我慢我慢
大事なのはソフトではないのだと
最近思いますが


やっぱりLogicが好き(笑